蒸しタオルで毛穴を開き、クレンジングで黒ずみをオフ

蒸しタオルで毛穴を開き、クレンジングで黒ずみをオフ
MENU

蒸しタオルで毛穴を開き、クレンジングで黒ずみをオフ

毛穴の奥の頑固な黒ずみは、毎朝洗顔しても中々取り除く事は出来ません。そこでおすすめなのが、洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開く事です。
毛穴は普段閉じていますが、血行を良くする事で開きます。洗顔やお風呂前に熱いお湯をかけてしぼったタオルを、顔の上にふんわりとのせます。タオルの両端を耳に当てると、耳の血流がよくなり顔全体がじんわりと温まって来ます。タオルは少し熱いくらいでも、すぐ冷めるのでタオルを乗せたまま3分ほど置いておきます。そうすると皮膚がスチームで蒸された状態になり、場合によっては額に汗を掻くことも。タオルがやや冷めてきたら外します。顔全体の血流が活発化し、毛穴が開いているので優しくクレンジングを行います。
クレンジングの後に、べたつきが気になるのであれば洗顔フォームのたっぷり泡で優しく洗い上げます。指でこすらず、濯ぐ要領で顔を洗い流した後、次は水に浸してしぼった冷たいタオルを用意し、顔の上にふんわりとのせてまた3分置きます。開いていた毛穴が、今後はぎゅっと閉じ肌が引き締まる感触があります。
この蒸しタオル洗顔を初めてから、毛穴の黒ずみが目立たなくなり、汗を掻いても肌がべたつかずさらっとする様になりました。毎日すると乾燥しやすくなるので、週に1〜2回程度を目安に蒸しタオル洗顔をすると、皮膚のターンオーバーや黒ずみが溜まるサイクルにあったお手入れが出来ます。

このページの先頭へ